ドラマ【同期のサクラ】キャストとあらすじ!高畑充希主演×遊川和彦脚本

doukinosakura 秋ドラマ2019

ドラマ【同期のサクラ】キャストとあらすじ!高畑充希主演×遊川和彦脚本

2019年秋の日本テレビ水曜ドラマ(夜10時)は高畑充希主演の【同期のサクラ】。高畑充希は2017年夏に放送された「過保護のカホコ」以来、2年ぶりの水曜ドラマへの出演。脚本は同じく「過保護のカホコ」の遊川和彦。「カホココンビ」の 再タッグ です。

“10年変わらない”“忖度できない”主人公・サクラの10年を1話ごとに1年ずつ進めていくオリジナル脚本にも注目です!

*高畑充希主演・遊川和彦氏脚本の「過保護のカホコ」はHulu で配信中です。初めての登録なら無料期間あり。もう一度カホコに会いたい人、見逃してしまった人もカホコの「すっばらしい」ドラマを楽しんでみては?

ドラマ【同期のサクラ】は、高畑充希主演×遊川和彦脚本

2019年8月5日、「過保護のカホコ」の番組公式Twitterのタイトルが変更している、と話題に!?

「過保護のカホコ」のTwitterアカウントが鍵アカウントになり、そして「同期のサクラ」に引き継がれました。 そしてトップページから読み取れる内容は、高畑充希×遊川和彦がタッグを組んだドラマ『同期のサクラ』が2019年10月スタートということが分かります。 ただし、共演者情報の情報源はあやしいかも。公式発表が楽しみですね。

⇒2019年8月6日あさ5時頃に番組から正式発表がありました。

ドラマ【同期のサクラ】キャスト

高畑充希(役/サクラ)

登場人物:サクラ…過疎の離島で育ち、夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公。

キャスト:高畑充希…1991年12月14日生まれ。

・小学生の頃から舞台女優を目指していました。デビューのきっかけはホリプロのオーディション。『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 ?屋上の天使』で見事主演に選ばれたシンデレラガールです。

・2007年からミュージカル「ピーターパン」の8代目を務め、「奇跡の人」「美男ですね」などの舞台でも主演を務めました。

・ドラマでは「3年B組金八先生」の第8シリーズに出演。「ナツコイ」などに出演ののち、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演。

・真木よう子主演の「問題のあるレストラン」(フジテレビ)では「第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞」を受賞。

・「過保護のカホコ」(2017年・日本テレビ)では竹内涼真さんと共演。“すっばらしい”とストレートに感情表現する可愛らしい女性・カホコを演じていました。この「過保護のカホコ」はのちにスペシャルドラマ化も。

・高畑充希は、第9回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞、第27回TV LIFE年間ドラマ大賞 主演女優賞を受賞しています。

・ほかドラマ「メゾン・ド・ポリス」や映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」「引っ越し大名!」など多くの作品に出演。

・女優以外にも歌手活動も。みつき名義と高畑充希名義でCD出すなど、ドコモのCMで「紅」を熱唱して話題になりました。

高畑充希のコメント

今回は、私が演じるサクラという主人公の10年間を、1年で1話ずつ描いていくオリジナル脚本のドラマになります。「生まれ育った離島に橋を架けたい!」という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か「強い想い」を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。でもサクラは、どんなことがあっても忖度しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます。
「変わっていくことが大人になること」って言われがちですが、「大人になるって何なんだろう?」、「変わらないって何だろう?」「変わるって何だろう?」というのを繊細に描いていければと思っています。今回は、「過保護のカホコ」でご一緒した信頼できる方々と、またご一緒させて頂くことが出来て大変光栄です。よく知っているチームの皆さんとやるからこそ、新たに「飛び込んでいく勇気」をもって、ドラマを作っていけたらいいなと思います。
私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおりますので、ぜひ楽しみにしていただければ嬉しいです。

https://www.ntv.co.jp/sakura2019/articles/341w8zxp0454qqmbm5l.html

そのほかのキャストは分かり次第お伝えします。

ドラマ【同期のサクラ】あらすじ

ときは2009年春。スーパーゼネコンの最大手「花山建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。———————名前はサクラ(高畑充希)。 彼女は『故郷の島に橋を架ける!』という夢を語るが、新入社員研修で自分を貫いたことで、歯車が徐々に狂い出し…。 出会った時は、関わりたくないとサクラの同期の人たちは思った。 しかし『夢』のために何があろうと自分を貫くことの素晴らしさを教えてくれたのも、同期のサクラ。

絶対に夢をあきらめないサクラと、彼女を見守ったサクラの同期たちとの10年間の記録のドラマ!

*本作の原作はなし。遊川和彦氏の脚本によるオリジナルドラマです。

ドラマ【同期のサクラ】の見どころ

遊川和彦のオリジナル脚本!

【同期のサクラ】の見どころは、遊川和彦オリジナル脚本な点でしょう。

遊川和彦氏は『真昼の月』『GTO』『魔女の条件』『女王の教室』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』『ハケン占い師アタル』など、ヒットドラマの脚本家です。特に「…ミタ」は大ブームになりましたね。
いつも独創的な遊川和彦氏のオリジナルとなると、どんなストーリーなのか観なくてはわからない。先読みできない楽しみがあります。

「過保護のカホコ」コンビ

脚本家の遊川和彦氏と主演・高畑充希は「過保護のカホコ」のコンビです。このカホココンビと聞いたら、これは面白いと、期待がもてます。

最近は日曜ドラマ(「今日から俺は!」「3年A組」「あなたの番です」など)の方が話題ですが、日本テレビ系の看板といえば水曜ドラマ枠。強力なカホココンビで、2019秋ドラマの中でも注目度が高くなるはずです。

10年間の物語

10年間を描くドラマ。サクラは変化をしないようですが、周りのキャスト陣は影響を受けてどうなるのでしょうか。
沢山のキャストが登場しそうな雰囲気。そして、周りはちゃんと年齢を経たメイクなどで年齢を重ねていくのか、そのあたりにも注目。
街の風景や流行りのものなど、10年の時代の変化にも注目です。

ヘアスタイル&ファッション

高畑充希へのテレビ番組「バケット」のインタビューではショートヘアでした。ドラマ内でショートからロングなど変化があるのかも?なにせ10年間を描くドラマなので、ヘアスタイルにも注目です。
ファッションも10年間の時代を取り入れていくと思います。「過保護のカホコ」の時も衣装が可愛くて注目されていましたね。
【同期のサクラ】でもファッションに注目!

サクラの夢は叶うのか

サクラの夢は、故郷と本土に橋を架けること。思いを貫くサクラは10年かけて、橋を架けることができるのでしょうか。

遊川和彦脚本なのでハッピーエンドや予定調和にしてこない可能性もあります。本作の最大の注目ポイントになりそうです。

ドラマ【同期のサクラ】のまとめ

高畑充希×遊川和彦がタッグを組んだドラマ「過保護のカホコ」は2017年7月クールに放送され、平均視聴率11.5%をマーク。最終回は14.0%の高視聴率でした。

さらに2018年9月19日に続編の『過保護のカホコ〜2018 ラブ&ドリーム〜』が放送されました。 その「カホコ」の主演は高畑充希。相手役は竹内涼真で、脚本は遊川和彦でした。竹内くんと再共演もあるのでしょうか。続報を待ちたいところです。(8/5時点)

⇒やはり8/5のTwitter情報が当たり、「過保護のカホコ」の主演・脚本コンビが復活!

またも風変わりなキャラクター設定ですが、周り(今回は同期)を巻き込んで感動を呼びそうなストーリーになりそうな予感。

大人になるってどういうこと?とサクラの言動を通して問いかけてくるドラマにもなる、と予想します。
果たして夢である橋は架けることができるのでしょうか。
放送3か月間の、サクラのギュッとつまった10年を視聴しながら、自分の夢はどうか、自分の10年も振り返ってみたり、未来を想像してみるのもいいかもしれません。
ワクワク度が止まらない、毎週楽しみな水曜日になりそうです。

コメント