「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」キャスト・あらすじ・視聴率

今野敏サスペンス去就 スペシャルドラマ

杉本哲太・古田新太のダブル主演、 今野敏・原作で贈るスペシャルドラマが2019年3月11日(月)よる8時から10時まで放送。

息子の不祥事を申告して降格人事になった変人(杉本哲太)と幼馴染のキャリア(古田新太)が事件を捜査!

連ドラの「隠蔽捜査」から約5年。「去就-隠蔽捜査6-」を原作にスペシャルドラマとして帰ってきます。

この記事は「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」キャスト・あらすじネタバレ・感想・視聴率・見どころまとめ。

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」のキャスト

W主演キャストをピックアップ後、関係各所ごとにキャスト紹介します!

竜崎伸也:杉本哲太(W主演)

登場人物竜崎伸也…大森北署・署長

東大卒のキャリアで、階級は警視長。
息子の犯罪を理由に、降格人事を告げられ、警視庁大森北署の署長に。
「悪いことは悪い」「正しいことは正しい」本音と建前が嫌いで、正論を貫きとおす。規律と秩序、原理原則をかたくなに守り、不正や隠しごとを一切しない。
組織のしがらみの中で普通の人が言えないことをハッキリといい、出来ないことを実行する。そのため、周りから“変人”と言われる。しかし、本人は変人と思っていない。
小学校時代からの幼馴染である伊丹に、幼少期にイジめられていたことを根に持っている。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/sugimoto.html

キャスト杉本哲太(すぎもと・てった)…1965年7月21日生まれ。53歳。

・2019年は連ドラ「イノセンス‐冤罪弁護士-」にレギュラー出演するなど活躍中。
・「隠蔽捜査」シリーズでは、テレビ朝日のスペシャルドラマ版・第2作『「隠蔽捜査2〜果断〜」奇妙な立てこもり事件 署長の危機!」(2008年)に出演。役柄は戸高義信(大森中央署 強行犯係 刑事)。
・「隠蔽捜査」のTBS版では、連ドラ「隠蔽捜査」(2014年1月13日-3月24日、全11話)で主演(古田新太のダブル主演)。同作で民放・連続ドラマの初主演となった。

伊丹俊太郎:古田新太(W主演)

登場人物伊丹俊太郎…警視庁・刑事部長

私大出身のキャリアで、階級は竜崎と同じ警視長。
快活で人当りがよい。竜崎とは対照的に自分は弱い人間だと自覚しており、敵を作らないようにしている。本音と建前を使い分け、いつも周りの目を意識して行動。現場主義者で、重要事案は現場で指揮を執る。
竜崎に常々「イジめられていた」と言われるが、本人にその記憶はない。
現在、妻と別居中。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/furuta.html

キャスト:古田新太(ふるた・あらた)…1965年12月3日生まれ。53歳。

・2014年の連ドラ版「隠蔽捜査」(TBS)はゴールデンタイムの連続ドラマ初主演作。(23時台に放送された、2013年の「間違われちゃった男」主演がある)

・古田新太は2019年4月クールの連ドラ主演も務める予定。


大森北警察署のキャスト

戸高善信:安田 顕(刑事課強行犯係)

いつも仏頂面のひねくれ者。
階級は巡査部長。
勤務中に競艇をするなど、勤務態度は悪いが、犯罪に対する嗅覚は抜群で、捜査感覚は優れている。
部下として扱いにくいが、実績をあげる実力者。
どこか竜崎とはお互い認め合っている所がある。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/yasuda.html

貝沼悦郎:松澤一之(副署長)

階級は警視。
ノンキャリアの苦労人で大森署の要。
あまり感情を表に出さず、一流ホテルのホテルマンを思わせるような礼儀正しい立ち振る舞いをする。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/matsuzawa.html

斎藤 治:八十田勇一(警務課長)

庶務を担当し、署内を切り盛りする。
署長の秘書的な存在でもある。
階級は警部。
竜崎に振り回される、常に心配ごとが絶えないが愛嬌で乗り切っている。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/yasoda.html

竜崎家のキャスト

竜崎冴子:鈴木砂羽

竜崎の妻。
妻は家庭を守るのが仕事と自覚。
良妻賢母でもありつつ、
どこか夫の竜崎を手のひらで転がしているような一面もある。
事あるごとに「あなたは国のために働きなさい」と励ます。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/suzuki.html

竜崎美紀:三倉茉奈

竜崎の娘。
母同様、父親の“変人”ぶりにあきれつつ、どこかその父に似たところがある。
一度言い出したらきかない頑固者。
竜崎の大阪府警時代の上司の息子と交際している。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/mikura.html

竜崎邦彦:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

竜崎の息子。
「東大以外は大学でない」という父の意向で、有名私立大学に合格するも大学浪人するはめに。そのストレスから犯罪に手を染めてしまう。
父親の存在が大きく、あまり面と向かってものが言えない性格。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/sano.html

警察庁のキャスト

上條貴仁:生瀬勝久(警察庁長官官房長)

連ドラ版での役職は警察庁長官官房総括審議官だった。 杉本哲太・古田新太と同期の役柄だが出世頭。

連ドラ時のプロフィールは…

東大卒で、竜崎や伊丹とは同期だが、階級は2人よりも上で警視監。
頭の回転が異常に早く、人の扱いが上手い。
キャリアは階級が全てだと思っており、その点は竜崎とも似ているが、出世への執着は竜崎よりも強く、本気で警察庁長官を目指している。
組織側の論理を重視し、時には手段を選ばないので、竜崎や伊丹とは何かと対立することも多い。

http://www.tbs.co.jp/inpei2014/chart/5/namase.html

2014年の連ドラ版では他の「警察庁」のキャストに…
・牛島陽介–演:神保悟志(警察庁長官官房審議官)
・谷岡香織‐-演:青山倫子(警察庁長官官房総務課 課長補佐)
・榊重臣–演:大石吾朗(警察庁長官官房長)
*連ドラ版の役職です。

「隠蔽捜査-去就-」ゲスト出演者

・寺川真智子:佐野ひなこ(ストーカーの被害者で、失踪届が出されている女性)
・根岸紅美:高山侑子(伊丹俊太郎の部下)
・弓削篤郎:菅原大吉(警視庁・第二方面本部長)
・梶 洋太郎:渡辺いっけい(長官官房首席監察官)

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」のあらすじ

大森北署署長・竜崎伸也(杉本哲太)は、ストーカー 対策チームの編成に追われていた。年々増加傾向にある ストーカー事件で、警察の対応が遅れて殺傷事件に発展してしまうのを防ぐための組織作りへの取り組みをいち早くマスコミ公表したい警察庁長官官房長の上條貴仁(生瀬勝久)は各方面に檄を飛ばす。しかし人選にベストを尽くそうと拘る竜崎だけが期限を守れず「これ以上の遅れは許されない」と督促を受けていた。メンバーに選出した刑事・戸高善信(安田顕)の了承が得られず難航していたのだ。

時を同じくして竜崎の家庭でも問題が起きていた。妻の冴子(鈴木砂羽)から聞いた話によると、娘・ 美紀(三倉茉奈)が交際相手からストーカー行為を受けているという。その交際相手とは竜崎の元上司の 息子だ。事件は職場でも、家庭でも起きていた。

一方、警視庁刑事部長の伊丹俊太郎(古田新太)も窮地に陥っていた。たまたま乗った電車で痴漢と間違われ、竜崎の部下・根岸紅美(高山侑子)に逮捕され大森北署に連行されてしまう。

そんななか、大森北署管内で殺人事件が発生。被害者とモメていた男女2人が行方不明となる。目撃証言から、行方不明の女性は失踪届が出されている寺川真智子(佐野ひなこ)と推測された。

真智子は、大森北署のストーカー相談窓口に被害の相談をしていたことが判明した。
世間からの強い風当たりを避けようとする上條ら上層部と、事件の解決を最優先しようとする竜崎と伊丹らがまたしても捜査方針を巡って対立することになる。

殺人事件とストーカーは関連があるのか? そして行方不明の男女2人とは誰なのか?

https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20190311/story.html

殺された被害者・中島とモメていた男女2人とは、寺川真智子(佐野ひなこ)と下松のこと。

下松は寺川をストーカーしていて、寺川の恋人・中島を殺害し、逃亡した疑いが強い。

しかも下松が、父の家から猟銃を盗み所持していることも判明。

上條貴仁(生瀬勝久)と第二方面本部長の弓削(菅原大吉)は、銃器対策レンジャーを動員し、制圧させたいと訴える。上條が立ち上げた部隊に手柄をあげさせたいのだ。

しかし竜崎伸也(杉本哲太)はまずSITによる交渉を優先。

その後、夜回り中の戸高(安田 顕)と根岸(高山侑子)が下松の車を発見。

さらに下松の潜伏場所は、寺川が友人に送ったメールから、下松の自宅であると判明。

竜崎伸也(杉本哲太)は、下松の母の携帯から、SITによる交渉を試みたが、失敗に終わる。

指揮権は弓削(菅原大吉) へ移行した。

下松には恋人がいたと情報もわかる。

大森北署にストーカー被害を訴えに来たとき、寺川は逆恨みを恐れてとっさに「下松」の名前を出して嘘をついた。本当のストーカーは被害者・中島繁晴の方だ。

中島を殺したのは、寺川。誘拐犯も寺川の方だった。(逃走車の助手席=寺川の席に中島の返り血が残っていたため判明)

寺川は口封じのため下松も殺す恐れが高い。突入の混乱に乗じて…。

レンジャーの突入は、その寸前に署長・竜崎が中止命令をだす。

神奈川県警から報告があった。猟銃を不正に売却していた下松の父は、発覚を恐れて盗まれたと言っていた。

猟銃を持たないならば突入よりい交渉だ。SITが潜入したところ下松宅には2人はいない!

高校に向かい、下松と心中に見せかけようとする寺川を根岸(高山侑子)が逮捕。

竜崎の家庭の美紀(三倉茉奈)のストーカー問題も解決。自分の気持ちを相手に話すことにした。

その後。監察官の梶(渡辺いっけい) による、弓削・竜崎への聞き取りが行われる。

竜崎の越権行為は不問。上條の処遇は後日言い渡されることに。

伊丹俊太郎(古田新太)は別居中の妻と久しぶりに会う。この喜びを幼なじみの竜崎へ報告した。

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」の感想

ツイッターでの感想





続編を望む声が多数!

月曜名作劇場が2019年3月で終了なので、よる8時台で1時間枠の月曜ミステリーシアター復活待望論も。

少子高齢化で朝4時台の時代劇・再放送も好評のようですし、8時台のサスペンスもありかもしれません。

同期の三人、杉本哲太・古田新太・生瀬勝久の掛け合いはもちろん、安田顕の存在感も光っていました。

さらに意外な犯人で楽しませ、クライマックスは逮捕の知らせ、杉本哲太の去就のシーンは渡辺いっけい登場で締めました。

竜崎家の今後も見たいので、連ドラでまたの放送を期待します。

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」の視聴率

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」の視聴率は、発表があり次第お知らせします。

「今野敏サスペンス/隠蔽捜査-去就-」の見どころ

ファンから「楽しみ」の声が殺到!

杉本哲太・古田新太のコンビに加え、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー:佐野 玲於(さの れお)の出演にも「楽しみ」の声が!

さらにチームナックスの人気メンバー・安田 顕、「トリック」「ごくせん」シリーズなどの名バイプレーヤー・生瀬勝久にも期待がかかっています。

事件解決、家庭問題、警察内部の問題も見どころ

連ドラからのファンはもちろん、SPドラマから入っても楽しめます。

2時間サスペンスの楽しみといえば事件解決の謎解きとスリルだからです。

邪道ですが、ゲスト出演者から推測すると、犯人は渡辺いっけい?

「ガリレオ」「ストロベリーナイト」「京都地検の女」など刑事ドラマにも多数出演する名バイプレーヤーですし。

と、思わせて意外な犯人にするのもサスペンスの面白さですが、果たして?

さらに警察内部の対立と闘争、家庭の問題も描きます。

*記事内の画像・アイキャッチ写真の出典はTBS公式サイト:https://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20190311/gallery.htmlより
*記事内の敬称略

コメント