「遺留捜査スペシャル2019冬」のあらすじネタバレ・視聴率・感想

遺留捜査2019 スペシャルドラマ

上川隆也主演の「遺留捜査スペシャル」(テレビ朝日)が2019年2月24日に放送!

人気シリーズが初めて冬期に贈るSPドラマです。

この記事は「遺留捜査スペシャル2019冬」のあらすじネタバレ・視聴率・感想まとめ。

「遺留捜査スペシャル2019冬」のあらすじネタバレ

遺留捜査スペシャル20190224
https://www.tv-asahi.co.jp/iryu_2019/#/?category=drama

世界的な指揮者・姫野剛志(村上淳)が結成したオーケストラのコンサート会場で、男性の遺体が発見された。被害者は、倉庫会社の社員・小野寺悠人(藤本隆宏)。コンサートが終了した直後、何者かに非常階段から突き落とされた上、消火器で頭部を殴られ殺害されたようだった。
 奇しくも姫野と幼なじみの特別捜査対策室室長・桧山亘(段田安則)が来場していたこともあり、特対メンバーが急行。臨場した糸村聡(上川隆也)は小野寺のカバンの中にあった、鮮やかな和紙で作られた折り鶴が気になる。それは1枚の折り紙で折られた大小の鶴がつながった、“連鶴”だった。小野寺は、なぜこんなものを持っていたのだろうか…。
 防犯カメラをチェックしたところ、小野寺は殺害される直前、ある男を見かけてあわてて姿を隠していたことが判明する。その男は、オーケストラを後援している貿易会社の会長・音坂史紀(西岡德馬)だった…。さらに、意外な事実も発覚する! 小野寺の自宅を調べたところ、彼の部屋から1000万円以上の価値のあるバイオリンと大粒のダイヤモンドが見つかったのだ。暮らし向きには不釣り合いな、高級な所持品の数々に、糸村らは首をかしげる。
 その矢先、オーケストラに入団したばかりのバイオリニスト・深山絵里香(中村ゆりか)に「今すぐオーケストラを辞めろ」という脅迫状が届いていたことがわかる。実は今、楽団内では絵里香を引き立てようとする姫野と、絵里香の演奏が気に入らないソリストの笹森愛子(遠山景織子)が激しく対立していたのだ。この脅迫状はオーケストラ関係者の仕業なのか、それとも小野寺が送ったのか…!?
 謎が深まる中、新たな犠牲者が生まれ、事件は連続殺人に!華やかなオーケストラ公演の裏で起きた殺人と謎のダイヤモンドの接点とは…!? そして糸村が連鶴から紐解いた、涙の真相とは…!?

https://www.tv-asahi.co.jp/#/あらすじ?category=drama

笹森殺害の犯人は?

新たな犠牲者は笹森愛子(遠山景織子)だった。

謎のダイヤモンドは、合成ダイヤ。

貿易会社の会長・音坂史紀(西岡德馬)が合成ダイヤの密売をしていたと分かる。

そこで音坂は秘書の馬場を自首させたが、

音坂の愛人・ 笹森愛子 には別に男もいた。笹森殺害の犯人は、比良木誠(大鶴義丹)だ。

密売の証拠がある、と脅されていたため殺害してしまった。

しかし証拠なんてどこにもなかったが、ドロップ(=飴)の缶の中に隠されていた。

小野寺殺害の犯人は?

小野寺悠人(藤本隆宏) 殺害の犯人は、姫野(村上淳)のマネージャー・梅沢由紀江(宮本真希)!

絵里香(中村ゆりか) に脅迫状を送ったのも由紀江。

小野寺が由紀江に、音坂が犯罪をしていると話したため、由紀江は彼を突き落としてしまう。

小野寺は姫野を恨んでいた?

22年前、小野寺が不幸な事故で負傷。バイオリンをオーケストラでは弾けなくなった。

指揮者・棟方が階段で足を踏み外し、小野寺はその巻き添えとなった。

そのため繊細な音色が出せなくなったため棟方は、東山フィルハーモニーを退団した。

棟方の代役として指揮を務めた姫野(村上淳)。その後、ウィーンへ行くことになった。

小野寺は姫野に片想いの女性ヒロミを奪われた。だから退団したのだろう、と
笹森愛子(遠山景織子) は推測。

ヒロミは姫野と上手くいかず日本に残り出産、父親は明かさなかったが、病気で亡くなった。おそらく姫野が父。

そのヒロミの子供は今、姫野がお気に入りのバイオリニスト・絵里香だ。

22年前の真相

22年前、姫野はヒロミにプロポーズし、ウィーンに来て欲しいと伝えたが、すでに彼女は小野寺との子を妊娠していた。

実は、当時、姫野が指揮者・棟方を突き落とした。焦っていたのだ。

小野寺はその巻き添えになった。

だが、「私が足を踏み出したからだ」と棟方は今でもかばっていた。

連鶴の秘密とは?

負傷した小野寺を癒したのは、路上で弾く絵里香のバイオリン。

姫野に絵里香(中村ゆりか) を推薦したのは、本当は棟方(佐川満男)でなく、小野寺だった。

路上で弾く絵里香のバイオリンケースに、連鶴*を置いて行ったのは小野寺だった。
*…1枚の紙で、多数の折鶴を折ったもの。

かつて、老人ホームの慰問でバイオリンを演奏したとき、お礼に連鶴をもらったという。

その連鶴をもらったことはとても嬉しかった。

だから小野寺は、絵里香の父親であることを隠し、感謝の想いを込めて連鶴をバイオリンケースに入れた。

オーケストラ演奏会終了後。

倒れ込む姫野に対して、恵梨香は治療を受けるよう懇願し、「これからも指導してください」と伝えた。

「遺留捜査スペシャル2019冬」の視聴率

「遺留捜査スペシャル」の視聴率は10・7%

2019年2月18日(月)~2月24日(日)の週間視聴率・ドラマ部門で、第5位!

遺留捜査スペシャルより上位の四作は…

1位:『まんぷく』 (2019/2/22/8:00-8:15) 22.9%
2位:『相棒』(2019/2/20/21:00-21:54) 16.7%
3位:『3年A組-今から皆さんは、人質です-』 (2019/2/24/22:30-23:55) 12.0%
4位:『家売るオンナの逆襲』 (2019/2/20/22:00-23:00)11.0%

(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ調べ)

「遺留捜査スペシャル2019冬」の感想

主人公の糸村は毎回、遺留品にこだわり周りにあきれられています。

けれど、今回も重要なアイテムとなった遺留品の連鶴。

親子の愛情のしるし、感謝の気持ちが込められていました。

しかし「京都に遺留捜査の糸村あり!」

なんて、

そろそろ有名になってもよいのに、なぜいつも変人あつかいされてしまうのか(笑)

まあ、そこはお約束なのでしょう。

父と娘の想いにはグッときましたが、

姫野(村上淳)が棟方を押してしまったことは許すことができないもの。

かばっていましたが、棟方さん本当に自分で階段を踏み外したのでしょうか。

それでも、ダイヤと連鶴の謎、親子の問題が絡み合い、ラストはカタルシスもあります。

1時間のドラマのときより、2時間たっぷりスペシャルドラマとして楽しめました。

まだまだ連ドラ版の続編もありそうですし、期待しています。

コメント