【モトカレマニア】視聴率と最終回ネタバレ!新木優子が高良健吾を吹っ切るドラマオリジナルエンディング!

motokaremania秋ドラマ2019

2019年10月期の木曜劇場は新木優子と高良健吾主演のドラマ【モトカレマニア】!

原作コミックは未完ですが、ドラマオリジナルエンディングとなっている最終回ネタバレをご紹介!

今回はドラマ【モトカレマニア】の視聴率とあらすじネタバレ記事を最終回までまとめていきます。

★【モトカレマニア】はFODにて見逃し配信中!(無料は各話放送後1週間以内)
無料キャンペーン中!【FODプレミアム】なら全話見放題!

【モトカレマニア】の全話視聴率とあらすじネタバレ

ここでは【モトカレマニア】の全話あらすじネタバレと視聴率をまとめていきます。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

放送後に随時更新予定ですので、こうご期待!

【モトカレマニア】1話の視聴率とあらすじネタバレ

放送日程:10月17日(木)22時~(※初回15分拡大)

視聴率:10月18日(金)発表予定

あらすじ:元カレの“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)が忘れられない難波ユリカ(新木優子)。ユリカは再就職したチロリアン不動産で、北海道から異動してきた大手食品会社勤務の山下章生(浜野謙太)を接客して…。

※続きのあらすじネタバレは放送後に更新予定です。

【モトカレマニア】の最終回ネタバレ

ドラマ【モトカレマニア】には原作コミックがあります。

月刊漫画雑誌『Kiss』で連載されており、単行本は講談社から3冊発売済み!

そして、このコミック『モトカレマニア』はまだ完結していません。

ということは、最終回ではドラマオリジナルのエンディングが用意されているはずです!

ここでは、原作1~3巻を基に【モトカレマニア】のネタバレとオリジナル結末を予想します。

コミック1巻ネタバレ:ユリカと山下の出会い

・主人公の難波ユリカ(新木優子)は、元カレのマコチこと斎藤真(高良健吾)が忘れられない“モトカレマニア(通称、MKM)”
・ユリカは再就職したチロリアン不動産で、マコチと再会
・再会したマコチは超無神経男になっていた(これはマコチが変わったのではなく、ユリカの妄想の中でマコチが美化されていだだけ)
・リアルなマコチに絶望したユリカは、マコチを吹っ切るために新しい恋を決意
・ユリカは大手食品メーカーに務める山下章生(浜野謙太)といい感じになる

コミック2巻ネタバレ:山下がむぎちゃんと復縁

・山下の正体は元カノ・むぎちゃん(田中みな実)が忘れられない“モトカノマニア(通称、MKM)”
・ユリカ&山下は、2人で“脱MKM作戦”(←2人で過去の恋人を忘れようというプロジェクト)を立てる
・“脱MKM作戦”の一環としてユリカと山下は2人で温泉旅行に行くが、Hの段階でお互いの体が反応せず→脱MKM作戦は失敗
・山下は元カノ・むぎちゃんと復縁することに
・流れでユリカもマコチに告白してしまう

コミック3巻ネタバレ:ユリカVS丸の内さくら

・マコチはユリカの告白を保留しつつ、なぜかキス!
・マコチは作家の丸の内さくらと同居していた(≠同棲)
・さくらもモトカレマニアで、元カレに似ているマコチとは、ソフレ(=添い寝フレンド)の関係だった

ドラマ最終回ネタバレ:ユリカがマコチを振る!

※ここからは、予想になります。

最終回では、ユリカがマコチを振って、自立したキャリアウーマンに成長すると予想します。根拠は以下の2点。

1.マコチはクズ男→振られるのでは?

高良健吾さんはイケメンですが、マコチ自体はクズ男です。

彼のクズエピソードはたくさんありますが、その最たる例が、ユリカの告白を保留している理由でしょう。

マコチは、ユリカを可愛いと思いつつ、「結婚とか言われたら重い」という理由で保留にしてるんです。

そのくせ、ちょっと欲情したら都合よくキスだけしてしまう。これぞ“クズ男”!

おそらく、ユリカは何らかの形で、マコチのかなりクズな本音を知り、中途半端なマコチを振ることになると思います。

2.ユリカは実はデキる女→仕事に生きることになるのでは?

主人公のユリカはマコチで妄想しすぎるなど、ツッコミどころ満載キャラかと思いきや、仕事では結構デキる女です。(営業成績はかなり優秀)

おそらく、ユリカはクズ男・マコチに揺れる心を、仕事に打ち込むことで浄化しているうちに、カッコいいキャリアウーマンになると思われます。

【モトカレマニア】のまとめ

前クール【ルパンの娘】では、ぶっ飛んだ設定で、SNSを沸かせましたが、今クール【モトカレマニア】では打って変わって、かなりリアルな作品になりそうです。

どこまで、女子の“あるある”を鋭くつくことができるか、がヒットのカギになりそう。

木曜夜には、【モトカレマニア】で女子あるあるを楽しみましょう。

コメント