「なつぞら」のキャスト・あらすじ・視聴率【広瀬すず主演】

なつぞら表紙 朝ドラ

2019年度前期(4月-9月)のNHK「連続テレビ小説」は広瀬すず主演の「なつぞら」

国民的ドラマ枠の記念すべき第100作目です。

当初タイトルは『夏空-なつぞら-』でしたが、『なつぞら』に変更。

戦災孤児のヒロインが北海道、東京を舞台にアニメーターを目指していく原作なし・オリジナルドラマです。

この記事は朝ドラ「なつぞら」のキャスト・あらすじ・視聴率まとめ。

「なつぞら」のキャスト

奥原家のキャスト(広瀬すず、他)

広瀬すず(役:奥原なつ)

ヒロイン:奥原なつ(おくはら・なつ)…本作のヒロイン。

戦争で両親を失ったあと、兄・咲太郎(さいたろう)は孤児院から家出し行方不明に、妹・千遥(ちはる)は親戚に預けられる。
一方、なつは父の戦友だった剛男(たけお)とともに北海道・十勝に移り住む。高校卒業後に上京。草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込んでいく。


岡田将生…役:奥原咲太郎(おくはら・さいたろう):なつの兄。生き別れていたが、のちに見つかる。

柴田家(藤木直人、他)のキャスト

草刈正雄…役:柴田泰樹(しばた・たいじゅ):なつが移り住む十勝にある柴田牧場のオーナー

松嶋菜々子…役:柴田富士子(しばた・ふじこ):なつの育ての母。泰樹の娘。

藤木直人…役:柴田剛男(しばた・たけお):なつの父の戦友で育ての父。

清原翔…役:柴田照男(しばた・てるお):剛男の長男。

福地桃子…役:柴田夕見子(しばた・ゆみこ) :剛男の長女。

平尾菜々花…役:柴田明美(しばた・あけみ) 演 – 剛男の次女。

戸村家(音尾琢真、他)のキャスト

小林隆…役:戸村 悠吉(とむら・ゆうきち):柴田牧場の従業員。泰樹の右腕的存在。

音尾琢真(TEAM NACS)…役:戸村 菊介(とむら・きくすけ):悠吉の息子。

小畑家(安田顕、他)のキャスト

安田顕(TEAM NACS) …役:小畑雪之助(おばた・ゆきのすけ) 演 -帯広のお菓子発明王。

高畑淳子…役:小畑とよ(おばた・とよ):雪之助の母。

仙道敦子…役:小畑妙子(おばた・たえこ):雪之助の妻。

山田裕貴…役:小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう):なつの幼なじみ。

山田家(吉沢亮、他)のキャスト

吉沢亮…役:山田天陽(やまだ・てんよう) :なつの友人。画家志望。

戸次重幸(TEAM NACS)…役:山田正治(やまだ・せいじ) 演 – 天陽の父。

小林綾子…山田 タミ(やまだ・タミ):天陽の母。

犬飼貴丈…役:山田陽平(やまだ・ようへい):天陽の兄。

十勝農業高校のキャスト

富田望生…役:居村良子(いむら・よしこ) :十勝農業高校でのなつのクラスメイト。

柄本佑…役:倉田隆一(くらた・りゅういち) :十勝農業高校の演劇部顧問。

阿川家(北乃きい、他)のキャスト

中原丈雄…役:阿川弥市郎(あがわ・よいちろう) :十勝の深い森に住み、民芸品を作っている。

北乃きい…役:阿川砂良(あがわ・さら):弥市郎の娘。

東京新宿編のキャスト

山口智子…役:岸川亜矢美(きしかわ・あやみ): おでん屋「風車」の女将。かつては人気ダンサーだった。なつの兄・咲太郎の消息を知っている。

比嘉愛未…役:前島光子/マダム(まえじま ・こうこ/まだむ):新宿に戦前から続くベーカリー兼カフェ・川村屋のオーナー。周囲から“マダム”と呼ばれる。上京したなつの世話をする。

近藤芳正…役:野上健也(のがみ・けんや):先代の頃から川村屋に勤めるギャルソン。店の経営を取り仕切る。

リリー・フランキー…役:茂木一貞(もぎ・かずさだ) :文化発信地・新宿のランドマークとも言える大型書店・角筈屋(つのはずや)の社長。女性とお酒と面白いことが大好き。

戸田恵子…役:煙カスミ(けむり・かすみ):クラブ「メランコリー」で流行歌を歌い続ける圧倒的な歌声の持ち主。亜矢美とは伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」時代からの腐れ縁。

鈴木杏樹…役:亀山蘭子(かめやま・らんこ):劇団「赤い星座」の看板女優。美貌や演技のわりに人気がない。ある時、漫画映画の声優の仕事が巡ってくる。

水谷果穂…役:三橋佐知子(みはし・さちこ):なつのルームメイト。疎開中に空襲で両親を亡くし、川村屋の喫茶ウエイトレスとして住み込みで働く。

工藤阿須加…役:佐々岡信哉(ささおか・のぶや):なつの幼なじみ。戦争で家族を失い、なつとも生き別れた。苦学して大学に合格。なつや咲太郎との消息を探していて突然、再会する。

アニメーション編のキャスト

井浦新…役:仲 努(なか・つとむ):東洋動画アニメーターのリーダー。日本初の長編アニメーション作画監督。穏やかな物腰で人望が厚い。かわいいキャラクターデザイン、繊細な表現が得意。

貫地谷しほり…役:大沢 麻子(おおさわ・あさこ):美大を卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーター。通称「マコ」。作画監督の仲をサポートし、現場をまとめる。

中川大志…役:坂場 一久(さかば・かずひさ):東洋動画所属の監督見習い。絵は描けないが、アニメの知識は人一倍多く、企画力に優れる。一方で要領が悪く、アニメーターたちを困らせる。

染谷将太…役:神地 航也(かみじ・こうや):抜群の画力で入社したなつの後輩アニメーター。情熱的な性格。既成概念にとらわれない発想でアニメ表現を革新していく。

渡辺麻友…役:三村 茜(みむら・あかね):絵を描くのが大好き。眼鏡をかけ、おっとりした性格。漫画映画をよく知らず、東洋動画には見習いとして就職、次第にその面白さにひかれていく。

伊原六花…役:森田 桃代(もりた・ももよ):通称「モモッチ」。高校卒業後、絵が好きという理由だけで、東洋動画に入社。セル画の彩色を担当。なつの親友となる。

川島明(麒麟)…役:下山克己(しもやま・かつみ):元警察官という異色の経歴を持つアニメーター。ひょうきんで明るい性格。一方、努力家で新しい動画表現を研究する。

小手伸也…役:井戸原 昇(いどはら・のぼる):仲とともに作画監督として、アニメーターたちをけん引するツートップのひとり。驚異的なスピードで上質な作画を仕上げる実務家肌。

木下ほうか…役:露木 重彦(つゆき・しげひこ):東洋映画所属のベテラン映画監督。日本初の長編アニメーションの監督に起用されるものの、実写映画しか経験がない。

角野卓造…役:大杉 満(おおすぎ・みつる):東洋動画の親会社・東洋映画の社長。アニメーションに未来を感じ、東洋一のアニメスタジオを設立、日本初の長編アニメーション制作に取り組む。

「なつぞら」のあらすじ

奥原なつ(広瀬すず)は、1937年(昭和12年)に東京で生まれた。

1946(昭和21)年8月15日、日本の敗戦により太平洋戦争が終結。

両親を亡くした、なつ(9)は、柴田剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝にやって来た。

戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。

剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹(草刈正雄)は偏屈者で知られていた。

泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、ふびんに思っていた。

覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。

そんななつの姿を見た泰樹は、なつを甘やかさずに生きるすべをたたき込む。

なつも天真らんまんな子供らしさを取り戻していく。

やがて十勝の小学校に入ったなつは、素敵な馬の絵を描く山田天陽(吉沢亮)に出会う。

天陽から、アメリカでは絵が動く「漫画映画(=アニメーション)」の魅力を教えてもらう。

その後、高校生になったなつは、美大に進むという天陽の影響で、絵の仕事に就きたいと思うようになる、

しかし、剛男は息子の輝男(清原翔)と結婚させ、酪農の仕事を継がせたがった。

そんな中、生き別れていた兄の咲太郎(岡田将生)が東京で生きていることがわかりる。

なつは高校を卒業すると兄を頼って東京に上京し、アニメーションの世界へ飛び込んでいく。

※あらすじ・感想はコチラ

・第1週「なつよ、ここが十勝だ」第1話/第2話/第3話/第4話/第5話/第6話

「なつぞら」の視聴率

「なつぞら」の視聴率は分かり次第更新していきます。

週平均
122.820.923.022.422.321.022.1
222.522.1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26

「なつぞら」の基本情報

放送日・時間

放送日:2019年4月1日~9月28日(全156回予定)

放送局/放送時間:

・NHK総合/月曜~土曜:午前8時00分~8時15分(再放送/月曜~土曜:午後0時45分~1時)
・NHKBSプレミアム/月曜~土曜:あさ7時30分~7時45分(再放送/月曜~土曜:午後11時30分~11時45分)

まとめ&ダイジェスト放送:

・NHKBSプレミアム/土曜:午前9時30分~11時00分(15分×6話分=90分の再放送)
・NHK総合/日曜:午前11時00分~11時20分(20分のダイジェスト)
・NHK総合/日曜: 午前5時45分~5時50分、午後5時55分~6時00分(5分のダイジェスト)
*ダイジェストの放送時間は高校野球・大相撲中継などで変更になることがあります。

スタッフ

作:大森寿美男(朝ドラ「てるてる家族」、『放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」』ほか)
音楽:橋本由香利
制作統括:磯智明
プロデューサー:福岡利武
演出:木村隆文、田中正、ほか
語り:内村光良(ウッチャンナンチャン)… 制作統括の磯智明氏によると、起用理由は2017年の紅白での総合司会に感動したこと。「優しさと慈愛」があり、「太陽のように奥原なつを明るく照らしてくれる」と説明している。[1]
題字:刈谷仁美

【脚注】参考サイト・文献

・NHK公式「なつぞら」:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
・NHKドラマトピックス:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1992/
・NHK札幌放送局「なつぞら」:https://www.nhk.or.jp/sapporo/natuzora/
・「なつぞら」公式インスタグラム:https://www.instagram.com/natsuzora_nhk/
・「なつぞら」公式ツイッター:https://twitter.com/asadora_nhk

(ドラマのホームページ・SNSは放送終了後、削除されていることがあります)

[1]…内村光良 次期朝ドラ「なつぞら」語り担当!紅白でサプライズ生発表「まさかの依頼 大仕事」(https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/31/kiji/20181231s00041000271000c.html)

コメント