【同期のサクラ】3話の視聴率・あらすじネタバレ・感想 橋本愛がブス呼ばわりされて…!?

doukinosakura秋ドラマ2019

ドラマ【同期のサクラ】3話の視聴率とあらすじネタバレ!

高畑充希主演の【同期のサクラ】3話が2019年10月23日に放送されました。

今回の中心人物は入院中の百合(橋本愛)。

サクラが「ブス!」と叫ぶ予告が大反響の第3話。サクラと百合の間にいったい何が!?

今回は【同期のサクラ】3話の視聴率・あらすじネタバレ・感想を紹介。

【同期のサクラ】3話の視聴率

【同期のサクラ】3話の視聴率は9・3%

第2話の9・5%から、0.2ポイントのダウンでした。

(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【同期のサクラ】3話のあらすじネタバレ

 2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。
 イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!
その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/03.html

屋上にいる百合のもとへ行ったサクラ。

「結婚したら幸せになれるんですか?」サクラは尋ねた。彼は医者で幸せになれると語る百合に「それは百合さんの夢ですか」と畳みかける。

サクラは「私には夢があります」…途中まで語ったところで・・・

サクラ、百合に「ブス!」発言??

「ああやめてくれる?バカのひとつ覚えみたいに!言ったでしょう。私はあんたの仲間じゃないから。夢、夢、夢。うるさいのよ。夢があればえらいわけ?夢がないと生きてちゃいけないの?」
と百合は切れる。

百合「青年の主張かっての気持ち悪い。あんたは自分が正しいと思い込んでるだけなのよ。だから空気も読まずに誰にでも好きなこと言えんの、でもあんた、間違ってるから。おかしいから。可愛い小鳥のふりして、人の頭にフンを落として回ってるだけだから。まったくあんたのじいちゃんもどういう育て方したのよ。このままじゃ、あんたも負け組になるってわかってんのかな。いつまでも夢ばっか見てないで、そろそろ目を覚まして現実を見たら?あんたが今やってることは全部、無駄だから。どうせ、あんたの島の橋だってどうせかからないから。あんたこそココは居場所じゃないから。荷物まとめてとっとと島に帰ったら!」

サクラ「ブス!ブス、ブス、ブス、ブス、ブス。さっきから偉そうに人の批判ばっかりしてっとも、結局あんたは自分の場所じゃねーとか言ってとも、現実から逃げているだけじゃねーねって?言っとくとも、今のあんただったらどっこいても今の繰り返しらっすけ。結婚したっってイイ奥さんのふりしながら、やっぱここは自分の居場所じゃねーとか、グチグチ言い出すに決まってんだわんねえ。じいちゃんが言ってたろも、種をまかねば一生花なんか咲かねーんだれ。あんたみたいに幸せの種をまかねえで花咲かそうったて、無理に決まってんねっけ。仕事のことらってそうらよ。女らっけ責任ある仕事を任せられないと言ってるろも、あんたがその努力してねえだけらねっけ?つらいんだったら、あんたがこの会社で女性が働きやすい環境作ればいいんねっけ!もう無理して笑うのやめれ、そのままのあんたでいたらいいらん?もし誰にも言えねえような毒はきたくなったら、全部わたしが聞いてやっからよ。あんたそのままだと、どんどんブスになるだけやて!」

「あんたと私は住む世界が違う」と言う百合は、屋上から突き落とすマネをして「二度と私の前に現れないでくれる」と告げた。

じいちゃんのファックス

じいちゃんに、同期の仲間と喧嘩してしまったをファックスで報告するサクラ。

じいちゃんからFAX。「いい人と出会ったな。本気で叱ってくれるのが友だ。彼女と別れるな」

百合(橋本愛)の決断とは?

百合は寿退社する。その挨拶の日。最後のひとことを語っている百合のところにサクラがやってきた。

サクラ「みなさんは、こんな優秀な人材が辞めていいのでしょうか。人生の先輩なら忠告してもらえませんか。この人は安全な道を行って今までと変わらない道を行こうとしているんです。内心びくびく怯えているのに。」

百合は焦って、サクラを連れて出す。「どこまでおっせかいなわけ!」

サクラ「すみません。でもじいちゃんに言われたんです。百合さんとは別れるなって。百合さんは私にとって本当の友だちだから。百合さんは本気で叱ってくれたじゃないですか。無理して笑わないじゃないですか。それって、本当の友だちってことじゃないでしょうか。私が百合さんのことを好きなのも、百合さんの言葉には嘘がなくて信用できると思ったからです。私は何があっても百合さんの味方でいます。だから私の友だちになってくれませんか」

右手を差し出すサクラ。「誰があんたなんかと」と百合は立ち去る。

百合が会社を出ていくと仲間たちが次々と現れる。葵が百合の花を渡す。蓮太郎は「好きだ!ていうか好きだったんだ。」と告白。菊雄は「俺はもうサクラのこと仲間だと思っている。」と告げる。

そして、サクラは「IDカードを返して欲しい」と告げたあと「最後に二人で写真を撮りませんか」

「いやに決まってんでしょう。友達でもないのに」と断る百合。

サクラ「だったら、せめて、いい友だちを作ってください。いい仲間と出会ってください。私も頑張って百合さんみたいな友達さがしますから!お願いします!」

サクラの言葉を聞いた百合は、会社を出ることができず、泣いてしまう。「なんで?なんで足が進まないの?なんで涙が出てくるのよ?いい友だちって何よ!いい仲間って何よ!あんたのせいで結婚相手には謝らないといけないし、会社にはもう一回働かせてって頭下げないとならないじゃない?」

サクラのもとに戻ってきた百合。退職届をみせるサクラ。まだ受理していなかったのだ。

「さんはいらない」と告げた百合。

「ありがとう、友達になれて本当にうれしい、百合」
「サクラ」「百合」と言い合う仲になり、写真を撮る。「いいの?」「だって友達でしょう?」

百合は生まれ変わる、と両親に宣言。

サクラに出会わなければ今でも居場所を探していたとぞっとする、と思う2019年の百合。あんたは灯台だった、北極星だったと感謝したが、意識不明のサクラに「どうしたらいいのか」と嘆いた。

そして、サクラは社史編纂室へ異動!?

【同期のサクラ】3話の感想

サクラと百合の熱い熱い友情回でした。

ブスブスブス! と百合に告げたサクラでしたが、逃げようとして、そのままでいない百合に腹を立てていたんですね。

分かるけど、口が悪い(笑)

橋本愛さんの熱演もあり、泣かされます。本当の友達になったときのサクラの嬉しそうな「さん」なしの「百合」発言。とても良いシーンでした。

まあ、寿退社のあいさつ中に、殴り込み(?)に来られるのはちょと迷惑ですが(笑)

ドラマ的に盛り上げるためのあざとい展開ですが、それを差し引いても、思ったことを言い合って、本当の友達になて展開は胸アツでした。

ここで分かったのは、やはり毎回一人ずつ、同期たちが仲間になるというパターンですね。次は 蓮太郎(岡山天音)くん回で、こちらも注目回です。

コメント