【シャーロック】9話の視聴率・あらすじ・感想!11人の容疑者に推理は混迷!?

シャーロック秋ドラマ2019

月9ドラマ【シャーロック】9が12/2(月)に放送されました。

犯罪捜査専門コンサルタントと、とある事件で出会った精神科医である相棒が、難事件を解決していくドラマとなっています。

レストランで起きた緊急事態、浮かび上がるのは11人もの容疑者?

今回は、【シャーロック】9話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、無料キャンペーン中!【FODプレミアム】にて視聴できます。

【シャーロック】9話の視聴率

【シャーロック】9話の視聴率は9.9%。(関東地区)

【シャーロック】9話のあらすじ

謎の宿敵、守谷壬三に繋がっていた安蘭世津子(長谷川京子)に目の前で死なれた誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の衝撃は小さくないようだ。そんな獅子雄を、若宮潤一(岩田剛典)江藤礼二(佐々木蔵之介)小暮クミコ(山田真歩)の誕生日をダシに外へ連れ出そうと計画。若宮はベッドで毛布に包まる獅子雄に声をかけるも断られるが、絶対に来いと先に出た。

若宮、江藤、クミコが集ったのは、とある有名イタリアンレストラン。獅子雄がなかなか来ないことに苛立つ若宮。そこに、ソムリエの加藤茂(田邊和也)に案内されて獅子雄がさっそうと登場し、いつものように嫌味を告げながらオーダーへ。身銭を切る江藤は一番安いコースを促すが、獅子雄はアラカルトを頼みだす。ところが店の看板料理が用意できないと加藤に言われてしまう。

その時、加藤が個室の客、高津みずえ(遊井亮子)に呼ばれる。個室には料理評論家、大石万作(升毅)とカメラマンもいた。取材で来ているのに、看板料理がないことに不満をもらすみずえは、シェフの古賀智志(大友康平)が不在なのかと問う。すると、加藤は店の体制はいつもと同じだと答えた。大石も料理に文句をつけだすと、その声に、客の不破凛子(島かおり)達彦(綾田俊樹)は不快な表情。別の客、中原聖子(峯村リエ)も、大石に声を落として欲しいと注意した。ギスギスした店内で、若宮は盛り上がって来たと獅子雄をうかがう。予約も取りにくい有名店の味が変わり、名物料理が出せないのはなぜか?その謎を推理してみようと言う若宮。すると、獅子雄は、今日、店がオープンする前に異常事態が起こったと指摘して・・・。

出典:シャーロック  公式HP

【シャーロック】9話の感想まとめ

今回はゲストの方が11人と多く、誰が一体犯人なのか予想出来ない方が多かったようですね。

それぞれの役に色々な事情があり、獅子雄の推理が始まってから次々と明らかになっていきましたが、最後は切なくなってしまいました。

そして、最終章に突入ということもあり、獅子雄と若宮にそろそろお別れのサインも?

『最後の晩餐』になってほしくないと願うばかりですが、あと2話、どうなっていくのか楽しみに見ていきたいと思います。

次回の第10話は12/9(月)21時~の放送となりますので、お見逃しなく!!

コメント