「ストロベリーナイトサーガ」1話の犯人ネタバレと重岡大毅ファン必見の理由!

ストロベリーナイトサーガドラマ

「ストロベリーナイト・サーガ」第1話が2019年4月11日(木)に2時間スペシャルでスタート。

ここではドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」1話の犯人ネタバレと重岡大毅ファン必見の理由について紹介します。

「ストロベリーナイト・サーガ」の犯人ネタバレ

「ストロベリーナイト・サーガ」とは?

「ストロベリーナイト・サーガ」は、フジテレビ系・木曜22時に放送される連続ドラマ。

竹内結子主演のドラマ「ストロベリーナイト」(2012年1月-3月、フジテレビ系)と同じく、誉田哲也氏の小説・姫川玲子シリーズが原作です。

第1話はよる9時から2時間スペシャル放送!

第1話の原作小説は、姫川玲子が初登場する「ストロベリーナイト」です。

「ストロベリーナイト・サーガ」の犯人をネタバレ!

結論から言うと、第1話の犯人は2人。

ひとりは北見 昇です。

北見は、亀有西署・強行犯捜査係の警部補です。

東大出身のキャリア組。

なんと、味方だと思っていた警察内部の新人が犯人でした。

そして、もう一人の犯人は深沢 由香里

病院の精神科に入院中の少女です。

通称「F」として、ストロベリーナイトと銘打っての殺人ショーを実行しているヒロイン。

近親相姦のトラウマから自分の体を憎み続けている女性です。

つまり、ストロベリーナイトの計画をしているのが北見。殺害実行犯が由香里です。

「ストロベリーナイト・サーガ」重岡大毅ファン必見の理由!

重岡大毅ファン必見の理由とは…

重岡大毅演じる大塚が、北見に殺害されてしまうから!

大塚と北見はコンビを組んで捜査していたのですが、大塚は単独行動をします。

そのアリバイがある時間に、北見はFに大塚を殺させます。

つまり、第1話をみないと、重岡大毅の演技が見られません。

姫川(二階堂ふみ)の一番弟子の大塚なので今後も回想ではでるかもしれませんが…。

第1話の結末は…

北見と「F」の殺害動機の相違により仲たがいに!

「F」は赤い血を見たかった、人間と思いたかっただけ。

北見は遺体になるのが自分でなくて良かったと思っていた。

姫川がピンチになるも、「F」が北見ののどをかっきるのです。

姫川と「F」は同じ赤い血をみて泣いて抱き合った…「生きてる」

ガンテツ(江口洋介)は「刑事に向いてない」と姫川に言った理由を話した。

姫川は殺人犯と同じ気持ちがわかる、から。

・深沢由香里本人になりきっていたから、由香里の行動が理解できた。

・死体遺棄役の深沢の兄が死んでいるのに、金原の遺体を公園に置いたことは、姫川の推理通り連絡ミス。

ガンテツに「お前は北見とは違う、前を向いてすすめ」と言われた姫川だった。

*注:これはあくまで「ストロベリーナイト」の原作とスペシャルドラマのあらすじが元です。「ストロベリーナイト・サーガ」では大塚が生きるパターンもあり得ます。が、そうなると原作者の了解は必要かも…。

コメント